タイのバンコクを中心に越境EC ASEAN7億人市場に挑戦

メイドインジャパンがタイ、マレーシアで笑顔を作る!

海外ECサイトのUIはPCとスマホとの割合と機種を調査してから

   

タイで海外ECサイトのコンサルティングサービスを提供しています。本日はサイトのUIについて考えたいと思います。

訪問ユーザのPCとスマホの割合をみて、80%以上がスマホからのアクセスというネットショップが非常に多くなってきました。日本での類似商品の販売の実績から、当初の立上げ時にはPCとスマホからのアクセスは50:50くらいと予想しておりました。しかしながら、タイでの実売データに対するアクセス分析を行ってみると、日本のケースとは異なる事象が発生することが多々あることがわかりました。

一つがPCとスマホの割合でして、タイのスマホユーザからのアクセスは日本の場合以上に高い割合になると感じています。

またスマホからのアクセスを更に分析して、AndroidとiOSのどちらの比率が高いかという点も日本とは異なる印象を受けています。

タイの場合はAndroidからのアクセスが日本と比べて比率が高いと感じています。
もちろん、サイトで取り扱う商品によって、ターゲットとする潜在顧客の収入でこれらの要素は変化しますが、日本での実績と比較するとAndroidからのアクセスが必ず半数以上を占めます。場合によっては80%以上というサイトもあり、実データに驚いた経験があります。

またタイではここ数ヶ月のスマホの機種でのアクセス数の割合を見るとサムスンのスマホ利用ユーザからのアクセスが高いと感じています。

具体的な機種は下記になります。

Samsung Galaxy J7
Samsung Galaxy J2
Samsung Galaxy Grand 2
Samsung Galaxy Core Prime
Samsung A7
Samsung Galaxy Grand Prime

Galaxyシリーズを中心にSamsungの機種で30%以上は占めると感じられます。
次いで多いのは Apple iPhone で Asus Zenfone 5 も比較的アクセスが多いです。

海外ECサイトを構築する際は、対象国のユーザのPCとスマホとの割合と機種についても事前に調査をして、UIは該当する機種を中心に確認と改善を行うのが良いと考えます。

弊社では海外ECサイトのデータ分析をGoogle Analyticsを使って行っております。実データからの改善点のアドバイスなどお気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。

sumsung

 - デザイン, 越境EC , , , , , , , , , , , ,