タイのバンコクを中心に越境EC ASEAN7億人市場に挑戦

メイドインジャパンがタイ、マレーシアで笑顔を作る!

タイのバンコクを中心とした商品のお届けに関して、ラストワンマイルをどうするか?

      2016/03/15

リアル店舗であれば、消費者がお店で商品を買って、自宅に持って帰ってくれますが、ECサイトでは商品を購入者の手元に届ける責任があります。リアル店舗と比較して、越境ECの場合、ニッチな商品を自分の好きな時間に注文できて、自宅まで届けてもらえる事がメリットです。

自社の倉庫から購入者の自宅まで届けるこの物流を指して、ラストワンマイル問題と言われています。

Amazonや楽天などのネット通販最大手では、大型の配送センターがいくつもあり、購入時に当日配達、翌日配達を選択できるなど、配送サービス自体を充実させる動きをしています。好きな場所で、好きな時間に荷物を受け取れる物流体制を構築方向にむかっています。

大手の物流サービスと同じ事をしようとするなら、そのサイトで自社の商品を販売し、在庫も持ってもらう事になりますが、当然その分のコストを負担する必要があります。またネット通販大手のテンプレートに沿って商品を販売しなくてはならず、自社の商品を魅力的に見せるための手法は限られてきます。そして常に同じサイト上で競合と競争を強いられます。ここに自社サイトでの販売の魅力があります。

越境ECサイトをタイのバンコクで立ち上げた場合、まずは商品の配送の商圏を設定することになります。例えばバンコク中心部のみであれば、バイク便(バイクタクシー)や自社に取りに来てもらうと言った選択も可能です。タイ国内全てとなると物流会社を利用することになります。タイでも日本で有名なクロネコヤマトの宅急便の様なサービスを数社が提供しています。ですので、タイでの国内全国はそれほど敷居の高いものではありません。また配送料も日本ほどではないのにしろ、それほど高いと感じたことはないです。またもし日本から発送して購入者の自宅にお届けするという場合でしたら、EMSが利用できます。

お届け日はバンコク国内なら3営業日、地方でも5営業日もあれば届いています。

弊社では物流サービスと連携した越境ECサイトの構築を行っています。是非、お気軽にご相談ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 - 物流 , , , , , , , ,